こんにちは!まるまつ農園です~和歌山みかん農家三代目~

脱サラ就農5年目の旦那と、農家の嫁になった私と家族の日々

2018.06.30 Sat 直島旅行記~ランチと地中美術館~

直島旅行記、写真で記録します。

島に着いたのが、ちょうどお昼だったので、古民家カフェでランチしました。



2階はゲストハウスになってて、宿泊できるみたい。



シーフードの入った直島カレー、
野菜カレー、それから鶏飯。
美味しかった~!

そして向かったのは。。。



「地中美術館」です。

門を一歩入ったら、写真撮影が禁止なので写真はないです。

でもせめて、門で写真を撮っておけばよかったと、ちょっと後悔。

15歳以下は鑑賞料が無料です。

内容はどうだったかと言いますと、

すっっっごく 良かったです!!!

予備知識なしに入りましたが、
それが大正解でした!

私自身も、家族も、今まで美術館にはほとんど ご縁がなかったのですが、

建物自体が作品だし、さらに作品というのが単なる絵 とかではないので、
作品の中に入って、見たいところを存分に鑑賞できる。というのが、驚きであり、感激でした。



駐車場から少し歩くのですが、
その道沿いの花がすごく素敵でした。

モネの作品を再現した池もありましたよー。

まだまだ続きます。
スポンサーサイト

2018.06.30 Sat アートな島、直島にやってきました!

やってきました!


岡山県に近いけど、香川県の直島。
アートが溢れる、直島です。
港の側には、シンボルの赤カボチャ!



中は入れるようになってました。
穴から覗く子供たち。



穴から外を覗いてみる。


乗ってきたフェリー。


バスも デザインが統一されてます。



フェリーターミナルも、美術館のような建物。

(まだ 続きます)

2018.06.30 Sat お休みもらって、お出掛けです。



お休みもらって、家族でお出掛けです。

お出掛けでも、おにぎりは必須。

遠いからね~



岡山県からフェリーに乗ります。



旅って感じだねー。



フェリーは15分くらい。
すぐに着きました。
さてさてー?(つづく)

2018.06.18 Mon にぎやかに摘果隊が集合です。

朝 起きたら、おにぎりを10個作ります。



山での休憩用です。
中の具は日替わりなのでお楽しみに。

パートさんは、みかん仕事も家事もベテランさん揃い。

手早く作業しながら、料理や家事の話や、それはそれは色んなことを教わります。

「青しそ要る?ほな、持って来てあげるわ。」

「はい、ビシャコ取ってあげたから、仏さんに供えよしー」

と、作業の後は物々交換会がしばしば。
(いえ、交換会ではなく、いつも頂いてばかりかも… ありがとうございます)



ほんまにパワフルな方々。
頼りにしてまーす!

2018.06.16 Sat やっぱり段取りが大事です。

温州みかんは、ほぼ一年毎に豊作年と不作年になるもので、今年は豊作(表年)です。

なので、早めに摘果(まびき)作業を始める予定なんですが、
パートさんに来てもらうので、
作業がしやすいように、木にテープで印をつけます。
テープの印つけは、かれこれ4、5年間やっています。
段々とテープの位置が定まってきている木もあるのですが、やはり木も個性があるので、通り一遍にはいきません。
「そろそろ、あんたも印つけれるようになってよ~」と、
父母に言われますが、これがなかなか難しいのです。



測量用のテープを使って。

さて、テープがどこにあるでしょうか?



一旦は、木の上部のみを摘果します。
高い所だから印をつけるのも、ちょっとつけにくい。



来週からは、賑やかに作業が 始められそうです。