FC2ブログ

こんにちは!まるまつ農園です~和歌山みかん農家三代目~

Home > みかんのこと

2018.06.18 Mon にぎやかに摘果隊が集合です。

朝 起きたら、おにぎりを10個作ります。



山での休憩用です。
中の具は日替わりなのでお楽しみに。

パートさんは、みかん仕事も家事もベテランさん揃い。

手早く作業しながら、料理や家事の話や、それはそれは色んなことを教わります。

「青しそ要る?ほな、持って来てあげるわ。」

「はい、ビシャコ取ってあげたから、仏さんに供えよしー」

と、作業の後は物々交換会がしばしば。
(いえ、交換会ではなく、いつも頂いてばかりかも… ありがとうございます)



ほんまにパワフルな方々。
頼りにしてまーす!
スポンサーサイト

2018.06.16 Sat やっぱり段取りが大事です。

温州みかんは、ほぼ一年毎に豊作年と不作年になるもので、今年は豊作(表年)です。

なので、早めに摘果(まびき)作業を始める予定なんですが、
パートさんに来てもらうので、
作業がしやすいように、木にテープで印をつけます。
テープの印つけは、かれこれ4、5年間やっています。
段々とテープの位置が定まってきている木もあるのですが、やはり木も個性があるので、通り一遍にはいきません。
「そろそろ、あんたも印つけれるようになってよ~」と、
父母に言われますが、これがなかなか難しいのです。



測量用のテープを使って。

さて、テープがどこにあるでしょうか?



一旦は、木の上部のみを摘果します。
高い所だから印をつけるのも、ちょっとつけにくい。



来週からは、賑やかに作業が 始められそうです。

2018.02.21 Wed マイのこぎりの出番。みかんの木の手入れ。

ノコギリを持って、みかん山に行ってるとはいえ、
まだ新人の私が判断して切るわけではないですので、ご安心を。

木が弱って、部分的に枯れかけているところを切ります。
021502.jpg



押すのではなく、引く! を心がけて。

021503.jpg



ぽろん、と切れた。

021504.jpg


切り口に、木の成長を促し、殺菌作用のある薬を塗って完了。
021501.jpg

放っておくと、一本枯れてしまうところですが、
痛んだ部分を切ってやると、残した部分は枯れずにすみます。
(必ずしも、うまくいくとは限りませんが・・・)

根元を白く塗っているのも、木を強くする作用のあるものです。

今年はもちろん、来年再来年、まだまだずっと美味しいみかんをならせてほしいです。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  デコポンの予約販売を開始しました!

  ネットショップは こちら

  お届けは、3月末~の予定です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2018.02.13 Tue 農家の嫁、マイのこぎりを手に入れた!!

ヨメ は ノコギリを てに いれた・・・
021302.jpg

いただきものらしいのですが、
持ち手とカバーが木製でかわいい。

さて、ノコギリを手に向かったのは・・・

021301.jpg

みかん山で、みかんの木の剪定です。

師匠は、お父さん。

師匠いわく、「剪定とちがうで、”整枝”やで」 とのこと。

作業がしやすいように、高くなってきた部分を切り落とし、

枝が込み入ったところは透かしてやります。

教えてくれることはわかるけど、一本として同じ木はないので難しい!

精進します!

2017.12.27 Wed 今年のみかん出荷は終了です!


122701.jpg


みかんを転がし、逆に転がされること約ひと月。

ようやく、でもあっという間に出荷最終日となりました。

最後に掃除をして、がらんとしています。

(残っているみかんは、訳あり品)

皆様、お疲れさまでしたー。

買ってくださった方、ありがとうございました!

美味しいとご好評の声をあちこちから頂いています。



さてさて、家の大掃除にとりかからねば。

年賀状もまだです。。。

お正月よ、待っておくれ~