FC2ブログ
2018/08/14

お仕事で、勉強で、楽しみで、ご褒美で。

この度、思いもよらない、貴重な機会をいただきました。

お声をかけていただかなかったら、一生 経験することはなかったと思います。

京都の料亭に行ってまいりました。

これ以上のところはないというお店です。

お料理の写真は撮影できないので お外で。



旦那さんからは、2年過ぎたけど、結婚10周年(つまりは12周年)の記念にしようと、
服も買ってもらいました!

行くまでは、楽しみより緊張と不安の方が強かったですが、

終わってみると、3時間半の時間は、あっと言う間でした。

2時間かけて帰宅しても、興奮がなかなか覚めず。

ひとつ不思議なことに、翌朝まで一切 喉が乾くことがありませんでした。

夢かまぼろしのような、いや、でも、一生忘れられない経験でした。





スポンサーサイト
2018/06/30

直島旅行記~お宿と夜のアート巡り~

直島には大型の宿泊施設はベネッセハウスくらいで、他は民家のゲストハウスや民宿などが主です。

直島の観光サイトで見つけた、お宿・志おや旅館にお世話になりました。

港からほど近く、細い路地を歩いていくと、趣ある建物が。


こちらのお宿に決めた理由の一つは、
夕食と朝食付きなこと。
子連れだと、食事が付いてると安心でありがたい。

女将さん手作りのお夕食。

一品一品、優しいお味でほっこり。
子供たちも同じメニューで、結構ボリュームがありました。

夕食の後、お宿にもお風呂はあるのですが、徒歩すぐのところに、これまたアートな銭湯があるのです。



I♡湯 (アイラブユ)という名前の銭湯であり、丸ごとアート作品です。

暗くなるとまた雰囲気かわります。



銭湯で汗を流し、そのまま歩いて散策。

港の近くには、ライトアップされたアートスペースがちらほら。


赤カボチャの中は、赤くライトアップ。
なんかディスコみたい。



直島の夜はこんな感じでした。

2018/06/30

直島旅行記~ランチと地中美術館~

直島旅行記、写真で記録します。

島に着いたのが、ちょうどお昼だったので、古民家カフェでランチしました。



2階はゲストハウスになってて、宿泊できるみたい。



シーフードの入った直島カレー、
野菜カレー、それから鶏飯。
美味しかった~!

そして向かったのは。。。



「地中美術館」です。

門を一歩入ったら、写真撮影が禁止なので写真はないです。

でもせめて、門で写真を撮っておけばよかったと、ちょっと後悔。

15歳以下は鑑賞料が無料です。

内容はどうだったかと言いますと、

すっっっごく 良かったです!!!

予備知識なしに入りましたが、
それが大正解でした!

私自身も、家族も、今まで美術館にはほとんど ご縁がなかったのですが、

建物自体が作品だし、さらに作品というのが単なる絵 とかではないので、
作品の中に入って、見たいところを存分に鑑賞できる。というのが、驚きであり、感激でした。



駐車場から少し歩くのですが、
その道沿いの花がすごく素敵でした。

モネの作品を再現した池もありましたよー。

まだまだ続きます。
2018/06/30

アートな島、直島にやってきました!

やってきました!


岡山県に近いけど、香川県の直島。
アートが溢れる、直島です。
港の側には、シンボルの赤カボチャ!



中は入れるようになってました。
穴から覗く子供たち。



穴から外を覗いてみる。


乗ってきたフェリー。


バスも デザインが統一されてます。



フェリーターミナルも、美術館のような建物。

(まだ 続きます)
2018/06/30

お休みもらって、お出掛けです。



お休みもらって、家族でお出掛けです。

お出掛けでも、おにぎりは必須。

遠いからね~



岡山県からフェリーに乗ります。



旅って感じだねー。



フェリーは15分くらい。
すぐに着きました。
さてさてー?(つづく)