こんにちは!まるまつ農園です~和歌山みかん農家三代目~

Home > 2017年09月03日

2017.09.03 Sun 不作と言いつつ、みかん摘果は続いています

今年のみかんは不作傾向・・・とは言いつつ、
摘果(まびく)作業は続いています。

9月になって、急に朝晩涼しく、カラッとさわやかで、
暑くても、作業がしやすい気候になってきましたね。

090205.jpg

キズのあるもの、小さすぎるものを落とし、
ぶどうのように塊になっているものを間引いてやります。

足元には、摘果したみかんがいっぱい・・・
まだまだすっぱいですが、果汁はたっぷりなので、自家製ポン酢を作ろうかなぁ。。。

090204.jpg

今年は雨がかなり少ないですが、たまに降ると、こんな風にパックリと割れちゃいます。

今後、雨が降ると、この”割れ果”が出てしまうので、摘果は今後の雨も予想しながら・・・

なんていうと難しいので、ベテランの父でさえ、「摘果は難しい」といつも言いながら作業してます。




ところで、旦那はん。

090203.jpg

座り込んでサボってるわけじゃないですよ。

みかんの木につく、カミキリ虫の幼虫の駆除です。

通称「てんぎゅう」 ゴマダラカミキリです。

木の幹に卵を産み、孵った幼虫は木を食べて穴を開けながら大きくなります。

放っておくと木を枯らしてしまう、やっかいな虫です。

摘果をしながら、木 一本一本を隈なくチェックするのも大事な仕事です。

スポンサーサイト