こんにちは!まるまつ農園です~和歌山みかん農家三代目~

Home > みかんのこと > 怒涛の12月

2011.12.11 Sun 怒涛の12月

ゆきこです。
久々の更新ですみません。

朝から晩まで、みかん漬けの毎日を送っております。

旦那クンは、畑から家へみかんを運ぶ毎日。
(早くしないと、お手伝いのおばちゃんたちに怒られそう…)と、
せっせと、みかんを運んでいます。

おかげさまで、倉庫はこのような状態。
みかんコンテナ

すべて、みかんがいっぱい入ってます。
みかんいっぱい
コンテナ5段重ねは、私の身長ぐらいあるので、
ヘタに手出ししては危険です。

ワタシの任務はコレ。
箱打ち1
”箱打ち”・・・ダンボールにホチキスを打って、箱にする作業。
助手:次女ミサキ。

見てください、この速さ!!
写真がブレてしまってます!!(カメラの性能の問題??)
箱打ち2
とにかく、ひたすら箱を作る。作る。作る。

そして、箱の山を築く。(いっぱい並べると達成感)
箱の山
箱の山を築いても、みかんの箱詰め作業が始まると、
あっと言う間に箱はなくなっていくので、
休む間もなく、箱打ちしなくてはなりません。

底がきれいに作れていないと、みかんを入れて箱を閉じるときに
ズレが出てきてしまうので、正確さとスピードが要求されます。

まだまだ半人前ですが、ガンバリマス!!


ご注文ありがとうございます!
12月末まで承っております。



応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Comments

name
comment
豊田年男 : URL ミカンの段ボール

Edit  2011.12.12 Mon 08:22

ミカンの段ボール、デザインがきれいですね。
箱を組み立てるのもコツがいりますね。

和歌山県でのミカンの段ボールは、シーズンで約1,600万ケースほどで、愛媛県の1,800万ケースに次いで全国第二位と和歌山県は健闘してます。

まるまつ農園・ゆきこ    : URL Re: ミカンの段ボール

2011.12.12 Mon 10:09

> ミカンの段ボール、デザインがきれいですね。
> 箱を組み立てるのもコツがいりますね。
・・・ありがとうございます。
   父と母がダンボール屋さんのお任せで作ってもらったデザインらしいですが、
   今では、市場でも”みかんの絵の黄色い箱”と、覚えていただいてるそうです。

> 和歌山県でのミカンの段ボールは、シーズンで約1,600万ケースほどで、
 愛媛県の1,800万ケースに次いで全国第二位と和歌山県は健闘してます。
・・・全国第二位ですか。しかし、それだけのみかんをこの時期に収穫し、
   日本中で食べていると考えるとすごいですね。

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback