こんにちは!まるまつ農園です~和歌山みかん農家三代目~

Home > ユキコ日記 > セミノールの袋とり

2012.04.16 Mon セミノールの袋とり

本日から、次女は一日保育が始まりました。
なので早速、お仕事に参加しました。

今日のお仕事はセミノールの袋はずし。

セミノールは春のかんきつの一つで、
果汁がたっぷり、みかんのように手で皮がむける品種です。

セミノールは実が小さいうちに袋をかぶせて育てます。
袋をかぶせることで、霜から守り、実の色が鮮やかに色づくそうです。
(日光を浴びた方が色づきそうな気がしますが、違うんですね)

袋とり

袋をはずしたらこんな感じ。
セミノール

午後はまだ木に残っているセミノールの収穫予定だったのですが、
予定外の雨で中止。ひきつづき袋はずしをして、早めに終了となりました。

それで今、子供たちが帰ってくるまでの時間でブログを書いています。
では、迎えに行ってきます。


クリックしていただくと、ランキングがUpします。
ランキングupすると、やる気がupしまーす!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback