こんにちは!まるまつ農園です~和歌山みかん農家三代目~

Home > ウチのこと > 祭りの宵宮

2012.10.07 Sun 祭りの宵宮

祭りの宵宮。近所の広場にて。
まずは獅子舞から。
獅子舞

夕方、スーパーへ買い物に行ったときに、店内で獅子舞をやっていたのを見て、
次女がすごく怖がり、そして夜の宵宮も張り切って家を出たのはいいけど、
太鼓の音に警戒して、「怖い~~!」と足が止まってしまい、
「みんないてるで~、終わったら、お菓子もらえるんやで~」となだめて連れて行きました。

川辺(丹生)地区の「笑い祭」は、鬼が主役。
その主役の鬼役、今年はなんと、デコポンマンです!!
鬼、獅子舞、役員など、順番で役割が回ってきます。
デコポンマンが鬼
子供たち警戒してましたが「鬼はお父さんなんやで」って言うと、
「おとうさん?」「あれ、お父さんなん?」と何度も何度も確認したのち、
「おーーい、おとうさーーん、がんばれー!」って声援を送っていました。

鬼が二匹。
右が本鬼(旦那)と、左は余興の鬼、らしいです。
鬼が二匹
本鬼は、松瀬地区の鬼として、明日の本宮で”丹生神社”へ行きます。
”丹生神社”には、松瀬の他3つの地区からそれぞれ鬼が出て集合します。

次に子供たちの”竹馬”の儀式です。
子供たちが、馬にみたてた竹の棒にまたがり、鬼と一緒に走ります。
途中で鬼がわざと転ぶと、竹馬さんたちは転んだ鬼を助ける役目もします。
(わかりにくい写真なので雰囲気だけでも)
子供たちの出番
とはいえ、子供から見たら鬼って怖いですから、ちっちゃい子は泣き出したり・・・
うちの子供たちも、鬼の中身がお父さんだとわかっていても、
かなり遠ざかって走ってました。

でも怖い鬼の存在って大事でもあり、
しばらくは、「言うこときかないと鬼が来るで」って文句が使えそうです。ふふふ。

翌日は本宮!
デコポンマンは一日中、鬼役です。
子供たちも丹生神社で竹馬をします。


クリック応援お願いします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 新規就農へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback