こんにちは!まるまつ農園です~和歌山みかん農家三代目~

Home > ユキコ日記 > 農業新聞より

2011.08.03 Wed 農業新聞より

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *
 茶わん一杯のご飯を作るのに、水はどれだけ使われているのか…
* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *


8/1付の日本農業新聞、コラムに載っていたのですが、

計算では、茶わん一杯(玄米換算で約72グラム)のお米を作るのに、

最大で450キロの水がいるそうです。

もしも、稲作に使った水を田んぼにそのまま溜めておくと、

2~3メートルの高さになるとも書いてありました。

そして、肉を作るには、餌の生産や家畜の管理に水を使うので稲の何倍にもなり、

牛丼一杯には、お風呂10杯分もの水が使われているという試算もあるそう。



世界的に食料不足の次には水不足、水の取り合いになる(もうなっている?)

と言われていますね。

食べ物をムダにすることは、莫大な水をムダにすること。

心に留めておかなければいけません。



ゆきこ



スポンサーサイト

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback